スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更かもしれんが 

【背理法】
ある事柄 P を証明するために、P の否定 ¬P を仮定すると、矛盾(ある命題とその否定が同時に証明されること)が起きることを利用する証明の手法である。帰謬法とも。対偶が元の命題と同値であることとは異なる概念である。




琥珀が私を愛してないと仮定する
しかし琥珀は恋人であり、母である
そして無想転生
よって矛盾が生じる



フゥ、実に清々しい
こんな難題をeasyに解けてしまうなんて・・・

って事は、ひょっとするとひょっとするのか!?
両思いの関係っていいよね^@^

スポンサーサイト

コメント

サーバーが見つからないのは仕様ですか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rakira.blog11.fc2.com/tb.php/93-4fe04ac3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。