スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素人が語る麻雀講座Ⅱ 

残すところ@3回で前期の授業が終わります
しかし逆に言えば試験の嵐だZE!


前回の記事で麻雀の基本方針を書きましたが、身につきましたか?


とにかく3、3、3、3、2の組み合わせを作る
そして役がないと上がれない



こんな感じで説明しました
今回はルール等を説明しようと思います
ルールと言っても細かい内容はその場その場で決めるので固定のものはありません
一般的にゲームをする時に必要な事を書きます

まずはサイコロを振って、出た目によりドラを決めます
風とは 東(トン)、南(ナン)、西(シャー)、北(ペイ)の事です
東になった人が親となり、それ以外の人は子となります
自分が親になった時に上がると通常より点数が高くなるので強気で勝負して下さい
親を4回続けてすると、その時のルールによっては二飜縛りとなり役が2個ないと上がれなくなります
親は自分以外の人に上がられた時点で交代になります
ドラや風の決め方はこの段階ではまだ知らないでいいと思います
慣れるまでは経験者にやってもらいましょう

さて、いよいよゲームを始めます
初めのうちはアタマ以外順番になっているピンフ
1、9、字牌を使わないタンヤオを目標にして下さい


~完成図の例~

西西 123 五六七 七八九 ③④⑤ ピンフ

44 五五五 678 ②③④ ⑤⑤⑤ タンヤオ


これらを作っているうちに、点数が高くなる時があります
それは、これ以外の役がついたかドラが乗ったからです

例えば 22 678 456 四五六 ④⑤⑥

同じ数字が3種類ありますよね?
これは サンショク や サンシキ と呼ばれる役です
かつ、順番になっていて1、9、字牌がないので
タンヤオ、ピンフ、サンショクの3個の役がつきます

でも慣れるまでは変に意識しないで、とにかく早く上がる事だけ考えて下さい

ドラとは、初めに風を決める時に一緒に決めた牌です
この牌の次の牌を1個持ってる毎に点数が上乗せされます
さらに裏ドラというのもあり、その牌が何かは最後にならないと分かりません
ドラの下にある牌で、上がった時に表示してドラと同じように点数を上乗せします

~ドラの例~

表示されてるいる牌が三だった場合は四がドラです
同様に⑨の場合は①、東の場合は南、發だと中となります

これも意識するのはいいですが、あまりこだわり過ぎない方がいいと思います

さて、分かりにくい説明ですが一応基本的なルールを書きました
意見があれば随時承ります
スポンサーサイト

コメント

関係ないけど

青い字が見にくい;
俺のPCだけかもしれんが

さっぱりワカンネ(・公・;)
まぁ、これを参考にしつつやってみよ

巣作りドラゴンランクDでした。
ランクA目指します。

役に立ったサイト

http://sol-paranoia.sakura.ne.jp/complete/sudukuridragon/index.html


http://moe.livedoor.biz/archives/3280470.html

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rakira.blog11.fc2.com/tb.php/28-9b41a8c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。